わかっているようで実は知らない!?信用取引ってどんなものなの?

信用取引ってどんな取引なの?

多くの人が名前だけは聞いたことがある「信用取引」。名前が持つイメージから、取引を行う人の信用情報に基づいて行われるものだということは容易に想像がつきますが、実際には株取引の現場で行われる取引手段の一つであるということを知らない人も少なからずいるのではないでしょうか。金融の現場で「信用」という言葉は、主に貸借関係が生じる場合に用いられます。株取引における貸借とは証券会社から株を借りることを意味するため、信用取引とは即ち株を借りて行う取引ということになります。

信用取引をするメリットって何なの?

株取引に携わったことがない人ならば、株が借りれることにどのような意味があるのか想像するのも難しいかもしれません。「株をお金で買うのなら、そのお金を借りれば良いじゃないか」と思う人が大半でしょう。しかし、株を借りることで生じる恩恵はとても大きなもので、信用取引を行うか行わないのかで、株取引における利益の量は全く変わってきてしまいます。その最大のメリットは、株を借りて既に保有している状態であるため、買うだけではなく売ることから取引をスタートすることもできるという点です。

信用取引をするに当たっての注意点とは?

信用取引では売りから取引を始める以外に、単純に株を借りることで取引の規模を拡大させることもできます。これにより利益額は増加しますが、損得が表裏一体なのが株取引の本質になるため、見込める利益が増えるということは損失も同じように拡大する可能性があるということになります。その損失を直接投資家がかぶらないようにするために口座に委託証拠金を差し入れるのですが、その額を考慮せずに無茶な取引を行って多額の損を出すと、「追証」という緊急に追加金を口座へ差し入れる強制的な義務が生じることになるので、注意を払っておく必要があります。

信用取引は持っている資金が少ない場合であっても、数倍の資金を動かすことで大きな利益を得ることが出来ます。